読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンコク

「あなたは今幸せですか?」の問いに、タイの人たちは世界で群を抜いて幸せだ、と答えるそうです。それは、それぞれの生活を楽しんでいるからのようです。その様子はホテルに宿泊するときや食事をするときなどで感じることができるでしょう。どんなに安くて手軽でも楽しめるのです。首都バンコクでタイの人たちの温かさに触れてみませんか?


バンコクってどんなところ?
バンコクはタイの首都です。日本との時差はタイが2時間遅れています。そのため、到着した時間によっては1日が長く感じたり、お得に感じるかもしれません。日本では東京・大阪・名古屋など主要都市から約6時間かかります。
日本の企業はタイに進出していますし、福岡はバンコク姉妹都市であるように、タイやバンコクは日本との交流が深い地域です。バンコクの天気や季節は、夏・雨季・冬に分かれます。冬といっても熱帯性気候なので「暑い」のが「暖かい」に変わったような気温です。雨が降るときはものすごい勢いで雨が降り、晴れるときはものすごく暑いのです。

タイからの出発便
バンコクの新空港:2006年9月に、バンコク新国際空港として「スワンナプーム新国際空港」が開港しました。タイと世界各国をつなぎます。タイ国際航空タイ国際航空からマニラ・シンガポール・クアラルンプール・ヨーロッパなどへ運行しています。バンコクのツアーもあり、日本から申し込みができます。
バンコクエアウェイズ:バンコクエアウェイズではバンコクからサムイ・タパオ・ラノン・プーケットなどを短時間で安全に運行しています。

広告を非表示にする

香辛料2

香辛料による効能
現在、日本の医療には漢方薬やハーブといった自然の力から作られた薬などが注目されています。香辛料は、現在注目されている漢方薬やハーブといった自然から取れたスパイスなのです。要するには、美味しい料理も作れて、体に負担をかけずに健康な効果を得られる一石二鳥な調味料なのです。しかし、基本的に香辛料は使うにしても少ししか使わないので、一度の使用で大きな健康効果を得ることはできませんが、継続的に少量ずつ摂取していくと、気づかないかもしれませんが確実に良好な健康状態を維持することができます。
香辛料を使って健康になるのであれば、少量ずつを摂取していくのが一番良いのですが、カレーやキムチのように、複数の香辛料を少量でも複数使った料理などの場合には、比較的にすぐに香辛料による効果を得ることはできるのですが、そういった料理を毎日大量に食べることはおすすめできません。飽きの問題もありますが、もし辛いものばかり食べていると、体の別の部分に問題が出てくる場合がありますので、香辛料から、漢方やハーブのような効果を得たい場合には、少量を継続的に摂取することをオススメします。

香辛料の豆知識
現在、香辛料はレストランやカレー専門店などの飲食店以外の数多くの一般家庭でも極普通に使われる調味料の1種として扱われています。しかし、現在では当たり前のように使われている香辛料ですが、昔の日本人にとって香辛料は、とても馴染みのない調味料でした。当然、馴染みがないのですから、需要もありませんでした。
かといって、日本にまったく香辛料が伝わっていなかったわけでもなく、古事記に香辛料に関して書かれた記述が残されており、754年に日本への渡海に5回の失敗を乗り越えてやってきた鑑真が持ってきた胡椒が残っているともいわれています。このように、昔から香辛料の存在は知られていたものの、日本人はあまり香辛料を必要としませんでした。
それから香辛料が注目を集め始めたのは、諸外国の料理が日本に入ってくるようになったつい最近のことなのです。香辛料の存在が広く浸透した理由は、ターメリックやクミン、唐辛子などの多くの香辛料を使ったカレーでした。それからは、イタリアンブーム、エスニックブーム、そして韓国ブームで一気に香辛料の需要は伸びてきました。しかし、日本の香辛料の歴史はまだまだ浅いといっていいでしょう。
料理のジャンルは流行り廃りがあっても、香辛料には流行りも廃れもありません。これを気に、あなたも香辛料上手く使いこなせるようになりませんか?

香辛料と相性の良い食材
無限大といっては少々大げさではありますが、ほとんど無限大と言ってもいい香辛料の使い方ですが、それと同様に、食材との相性も香辛料によって変わってきますし、使い方によっても変わってきます。しかし、すべての香辛料が、すべての食材とマッチするというわけではありません。香辛料には、それぞれ特徴があり、相性の良い食材と悪い食材があります。その香辛料と食材の相性の良し悪しをしっかりと見極めて香辛料を使い分けられるようになったら、料理上級者といえるのではないでしょうか?
因みに、具体的な香辛料の使い方の違いというのは、香辛料をそのまま野菜や肉などの食材にふりかけて食べても、イマイチの味と風味にしかなりませんが、香辛料を使って作ったドレッシングやソースなどをかけて食べた方が断然おいしい時がありますよね?もちろん、この逆も然りですが、食材を炒める前にふりかけた方が美味しかったり、逆に出来上がってからふりかけた方が美味しかったりなどなど、こういった使う場面などのことです。

広告を非表示にする

香辛料

香辛料と言われてすぐに思い浮かぶことは何でしょうか?ターメリックや唐辛子などのスパイスよりも、バジルやローズマリーといったハーブを思い浮かべる方が多いかと思います。ですが、香辛料は、料理に使うスパイスとハーブ総称であり、調味料の1つです。カレーに使われるよく知られた香辛料から、呪文のような聞きなれない香辛料まで、香辛料、そして香辛料の各種類についてご紹介します。


香辛料の使い方
香辛料の使い方は、その香辛料によって異なってきます。ですが、使い方が香辛料の種類、食材の種類によって違っても、香辛料は世界中の多くの料理おいて絶対的に欠かせないアイテムといえます。香辛料の主な使い方としては、ローズマリーやタイムなどの香辛料は、肉、魚などの臭いの強い食材の臭いを取り除くために使い、パプリカやサフランなどの香辛料は、料理の色づけなどに使用されます。
さらに、唐辛子やペッパー(胡椒)のような香辛料のように辛味をつけるために使い、にんにく(ガーリック)やパセリなどの香辛料は、料理に風味をつけるために使用します。このように、香辛料によって使うための目的が変わってきます。さらに、唐辛子などの香辛料になると、辛味をつけるだけでなく、彩を添えたりするために使われたり、料理に風味つけるためにも使用されるなど、使う人によっていくらでも使う場を広げることができる香辛料は、ある意味で魔法のお料理アイテムだと思いませんか?

広告を非表示にする

北極2

■ジャコウ牛

ジャコウ牛は特殊な臭気があって、100m先からもジャコウ牛の臭いがすることから、この名前がついたとされていますが、正確なことではありません。現在は4?5万頭がカナダ北極の島々に棲んでいます。大きさは普通の牛と同じか少し大きいくらいで、コケや草を食べています。

カリブー(トナカイ)

北極で見られるカリブーは、少数で群れを作って行動しています。食べ物は、ツンドラに生えるコケや草で冬は積雪の少ない場所でコケを掘り起こして食べています。カリブーイヌイットにとって高級食材で、毛皮は防寒着、パーカーやブーツになり、イヌイットにとって大切な動物です。

■アザラシ

北極に住むアザラシは2種類います。タテゴトアザラシは生まれたばかりの子供は白く、つぶらな瞳をしていてとても人気があります。アゴヒゲアザラシは口の周りに海底で食べ物を探すために長い感覚毛があます。そのためアゴヒゲアザラシと呼ばれています。

■セイウチ

北極周辺に棲む哺乳類です。海岸の近くに群れで棲んでいて海底の貝や無脊椎動物を食べています。普段はおとなしいのですが、ホッキョクグマなどに攻撃されると、以外にも反撃して負かしてしまうことがあります。

広告を非表示にする

北極

■北極の環境

北極は人の活動の少ない地域ですが、環境汚染とは縁がないと思われていましたが、最近の調査によると、アザラシやホッキョクグマなどの北極圏に棲む野生動物から、水銀、カドミウムなどが検出されています。また海などに流されたゴミは北極に流れ着くといわれています、このことが原因の一つかもしれません。

北極の異変
北極では地球温暖化のためにグリーンランドでは氷が溶けて10年間でイルリサット氷河が15km後退する、海が凍らない時期が長くまったりとかなりの影響がでています。北極海の海氷は、夏になると周辺部が溶けて小さくなりますが、温暖化の影響でこの海氷が溶ける割合が大きくなってきています。

北極に動物たち
北極といえばホッキョクグマやアザラシなどを思い浮かべますがまだまだ他にも北極に棲む動物はいます。

ホッキョクグマ

ホッキョクグマは北極だけに澄んでいます。大きなオスでは体長3m以上もあり、体重は600kgにもなります。移動する早さは時速5kmですが、走ると時速40kmの速さで移動します。泳ぎも得意で、時速10kmの速さで泳ぐことができます。主な食べ物はアザラシやセイウチを食べますが、夏になり食料が少なくなるとブルーベリーや海草などを食べています。ホッキョクグマイヌイットにとって毛皮を取るために欠かせない動物です。

広告を非表示にする

ナノケア2

ナノケアの効果
「ナノケア」はナノテクノロジーを利用して作られた、大変小さな水の粒子が髪や肌をやさしくダメージから守り、整えてくれるという素晴らしい効果があるようです。もともとナノケアの開発は、脱臭効果のある新しい空気清浄機の研究から発見された、水の力を利用した仕組みです。「ナノケア」とか「ナノイーイオン」などちょっと聞いただけではどんな効果があって、何が良いのかちょっとわからない人も多いのではないでしょうか。同じように「マイナスイオン」も結構話題になっていますが、「ナノケア」と「マイナスイオン」違いについても知りたいですよね。

■ナノケア・ナノイーイオンとマイナスイオンの違い

ナノケアに使われている「ナノイーイオン」は、ナノテクノロジーによって、通常の水の大きさをさらにさらに小さくしたものの中にマイナスの電荷がいくつか入っている状態になっているので、メインは「水」で出来ています。一方、「マイナスイオン」は、マイナスの電荷の周りに、小さな水の粒が集まってきてくっついている状態なので、メインになっているのは「マイナスの電荷」になっています。
ですから、同じ「ナノイーイオン」と「マイナスイオン」に含まれる水の量を、同じ大きさにして考えてみると「ナノイーイオン」に含まれている水の量はマイナスイオンの何百倍もの量になるのです。

広告を非表示にする

ナノケア

家電売り場やメイク、美容関係の言葉で「ナノケア」という言葉をよく聞くようになりました。「ナノケア」はとっても細かいマイクロの世界より、さらに小さいものの世界の話になります。一番初めに「ナノケア」という言葉を聞いたのはドライヤーで、ナショナル「イオニティ・ナノケア」という商品だったと思います。それまで画期的だと思っていた「マイナスイオンドライヤー」より髪にダメージを与えないということでしたが、この「ナノケア」とはいったいどんな働きがあるのでしょうか。美容やお肌に良いらしいと聞くとちょっと気になる「ナノケア」のイロイロな商品について調べてみました。


ナノケアの「ナノ」って?
「ナノケア」の「ナノ」とはいったいどういうものなのでしょうか。「ナノケア」の「ナノ」は大きさを表す単位で、「センチcenti」「ミリmilli」などの仲間です。どのくらい小さなものかというと、「メートル m」を「1」とした場合、「デシdeci」が「0.1」、「センチcenti」が「0.01」、「ミリmilli」が「0.001」、「マイクロ micro」が「0.000001」、その次に「ナノ nano」で「0.000000001」という大きさになります。
漢字で「ナノ」という大きさを表すと「一塵」と書きます。「ナノケア」この「ナノ」という小さな小さな世界の技術「ナノテクノロジー」から生まれた「ナノ粒子」「ナノイーイオン」などを使うことで、目に見えない塵(ちり)位の大きさの面からいろいろケアしてくれるもの、ということですね。

広告を非表示にする