汗国

汗国(かんこく、ハンこく、Khanate)は、汗(カン、ハン、qan)[1]を君主とする君主国を指す用語である。君主号としての「ハン」「ハーン」はモンゴル高原から中央アジアを中心とした、テュルク系およびモンゴル系の遊牧民王朝でよく用いられたが、モンゴル帝国時代以降、キプチャク・ハン国ジョチ・ウルス)崩壊の影響を受けて、中央アジア以西のキプチャク草原・ルーシカフカスコーカサス)などの地域にも広がった。

広告を非表示にする