衛星

土星の衛星「タイタン」ッテドンナ衛星?
土星の衛星タイタンは、太陽系の衛星では2番目に大きく、大気は、窒素(ちっそ)65?98%くらい、アルゴン25%以下、メタン2?10%、水素約0.2%、そのほかで構成されています。タイタンはオレンジ色のもやに包まれている衛星で、その大気は下のほうはメタンの雲で覆われています。タイタンには海があって雨が降っている可能性もあり、生物がいてもおかしくありません。
このすがたは、生まれたばかりの地球の姿によくにているのです。タイタンによって地球の生命がどのように誕生したのか、解明(かいめい)される日がくるかもしれませんね。土星の衛星にはこのほかにも、環にくっついてまわっている、羊飼い(ひつじかい)衛星や、アトラス、パンドラ、ミマスなどたくさんあります。

天王星の衛星「ミランダ」ッテドンナ衛星?
天王星にもたくさんの衛星があります。その中でもミランダは、でこぼこした衛星で、一度天体がしょうとつしてこわれたものが、もう一度合体してできたため、変わった形をしています。直径470kmの大きな衛星です。

海王星の衛星「トリトン」ッテドンナ衛星?
トリトンはメロンみたいな衛星です。火山のあともあります。窒素(ちっそ)の氷がとけて流れ出したり、ガスになったり。メタンのガスも含まれ、分解されて黒いしみになったり。太陽系でもっとも温度が低く、窒素(ちっそ)が凍りついています。
自転の向きと逆周りをしていて、逆行衛星(ぎゃっこうえいせい)と呼ばれています。1億年もすれば、海王星にぶつかると考えられています。

広告を非表示にする