読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナヒチェヴァン自治共和国

ナヒチェヴァン自治共和国(ナヒチェヴァンじちきょうわこく、アゼルバイジャン語: Naxçıvan Muxtar Respublikası)は、アゼルバイジャンの飛地である自治共和国。過去に、王国、帝国、イスラム教国、汗(ハン)国などになった経緯から名前は何度も変更されている(Nakshijahan、Nuhchikhan(ノアが降りた場所)、Nesheva、Nakhijevanなど)。
1991年までは、ナヒチェヴァン自治ソビエト社会主義共和国としてアゼルバイジャンソビエト社会主義共和国の一部だった。
5,500 km²のこの地域はアルメニア (221km) 、トルコ (9km) 、イラン (179km) に接している。首都はナヒチェヴァン市である。