ナノケア2

ナノケアの効果
「ナノケア」はナノテクノロジーを利用して作られた、大変小さな水の粒子が髪や肌をやさしくダメージから守り、整えてくれるという素晴らしい効果があるようです。もともとナノケアの開発は、脱臭効果のある新しい空気清浄機の研究から発見された、水の力を利用した仕組みです。「ナノケア」とか「ナノイーイオン」などちょっと聞いただけではどんな効果があって、何が良いのかちょっとわからない人も多いのではないでしょうか。同じように「マイナスイオン」も結構話題になっていますが、「ナノケア」と「マイナスイオン」違いについても知りたいですよね。

■ナノケア・ナノイーイオンとマイナスイオンの違い

ナノケアに使われている「ナノイーイオン」は、ナノテクノロジーによって、通常の水の大きさをさらにさらに小さくしたものの中にマイナスの電荷がいくつか入っている状態になっているので、メインは「水」で出来ています。一方、「マイナスイオン」は、マイナスの電荷の周りに、小さな水の粒が集まってきてくっついている状態なので、メインになっているのは「マイナスの電荷」になっています。
ですから、同じ「ナノイーイオン」と「マイナスイオン」に含まれる水の量を、同じ大きさにして考えてみると「ナノイーイオン」に含まれている水の量はマイナスイオンの何百倍もの量になるのです。

広告を非表示にする