北極

■北極の環境

北極は人の活動の少ない地域ですが、環境汚染とは縁がないと思われていましたが、最近の調査によると、アザラシやホッキョクグマなどの北極圏に棲む野生動物から、水銀、カドミウムなどが検出されています。また海などに流されたゴミは北極に流れ着くといわれています、このことが原因の一つかもしれません。

北極の異変
北極では地球温暖化のためにグリーンランドでは氷が溶けて10年間でイルリサット氷河が15km後退する、海が凍らない時期が長くまったりとかなりの影響がでています。北極海の海氷は、夏になると周辺部が溶けて小さくなりますが、温暖化の影響でこの海氷が溶ける割合が大きくなってきています。

北極に動物たち
北極といえばホッキョクグマやアザラシなどを思い浮かべますがまだまだ他にも北極に棲む動物はいます。

ホッキョクグマ

ホッキョクグマは北極だけに澄んでいます。大きなオスでは体長3m以上もあり、体重は600kgにもなります。移動する早さは時速5kmですが、走ると時速40kmの速さで移動します。泳ぎも得意で、時速10kmの速さで泳ぐことができます。主な食べ物はアザラシやセイウチを食べますが、夏になり食料が少なくなるとブルーベリーや海草などを食べています。ホッキョクグマイヌイットにとって毛皮を取るために欠かせない動物です。

広告を非表示にする